障害のある人のためのデイ銭湯
PC ホーム ●団体紹介 ●活動紹介 ●ボランティア ●ご利用について ●よくある質問 ●交通アクセス ●ブログ ●リンク ●イベント
 用語について
 プライバシーポリシー
 ユニバーサルカレー
 Description in English
 施浴のすゝめ

2019年デイ銭湯予定
4月27日(土)
5月25日(土)
6月22日(土)
7月27日(土)
8月24日(土)
9月28日(土)
10月26日(土)
11月23日(土)
2月と12月を除く毎月、年10回、
原則第4土曜日に行いますが
都合により、前後1週間ずれる
ことがあります。

8/31(土)夏のレクリエーション 於やすらぎふれあい館 
9/28(土)デイ銭湯公開講座「発達障害を考えるカフェ」於集酉楽
10/6(日)東山健康ウォーク
Since1999
 障害のある青少年のデイ銭湯は、障害のあるこどもの入浴を受け入れられる施設がなかったことがきっかけとなり、少子化社会での子育てのセーフティネットとして1999年に始まりました。翌年からは共同募金の助成がはじまり無私のボランティアに支えられ続いています。
 東山区では先行して高齢者のデイ銭湯(2013年廃止)がありましたが青少年を対象としたデイ銭湯は全国的にも初めての試みでした。東山区は政令指定都市の行政区の中で高齢化率が一番高く、福祉も高齢者のほうに手一杯であったことが反面的に推進力になったのかもしれません。きっかけから半年後に試行実施、そこから半年後にはボランティアグループも発足し、本実施となりました。
 デイ銭湯事業は利用者、ボランティア、区社協などからなる運営協議会が運営し、事業者である東山区社会福祉協議会が事務局を担っています。

デイ銭湯とは
 障害や病気のある方に公衆浴場で営業開始前の午前中や昼間に温浴を提供する福祉サービスです。厚生省の後押しもありデイサービスの不足を補う形で高齢者デイ銭湯として普及しました。介護保険施行後は介護保険の事業ではないため逓減しているものの、現在も日本各地で自治体や公益法人の助成によりボランティアで行われています。
 高齢者を対象としたデイ銭湯と青少年のデイ銭湯の大きな違いは、利用者ほぼすべてが初めての銭湯ということです。男女の性差をわかっていただくのも大切な役割と考え、銭湯では当たり前のことですが、事業開始以来、女湯は女性ボランティアが介助を、男湯は男性ボランティアが介助をする「同性介助」を行っています。
 当デイ銭湯の利用者は、現在、小学生から40代の方まで、声掛けと軽微な介助の方から起き上がれない状態の方までさまざまですが、個人の状態に応じた介助をしています。
COPYRIGHT(C)2002-2019 YUYUYOU




inserted by FC2 system